サービスについて

ビジネスマン

外壁塗装を扱う人たち

外壁が劣化して壁が色あせる程度であれば見た目の問題だけですが、経年劣化や度重なる地震や台風など自然災害でひび割れが起きたり、壁の一部が落下するなどしている場合は修理が必要です。もし、外壁が落下している場合やひび割れがひどい場合は外壁塗装屋を呼ぶ前に工務店などを呼んで修理してもらうのべきでしょう。それと同時に足場作りの専門の業者が来て足場を作ってくれます。 その後に外壁塗装をすることで、買った当時の家に戻るでしょう。

家をぴかぴかに保つためのサービスとは

外壁塗装をするにあたり、気になることの一つが価格です。30代後半で住宅を購入したとして、まだ幼稚園児と小学校低学年の子供がいるとした場合、10年も経過すれば進学でお金がかかる時期にもなります。それと同時にローン返済もまた10年以上残っている家庭が大半を占めますので、金銭的な問題はある意味死活問題でもあるのです。 そこで外壁塗装にかかる金額はどの程度かを知っておく必要があります。 通常の外壁塗装ではその塗料によって価格が変わってきます。安いものはアクリル樹脂の塗料です。この塗料だと25坪の住宅を塗装するににおおよそ40万円から50万円します。耐用年数は大体8年ぐらいと言われています。 一方、高価なフッ素樹脂は同じ条件の住宅で70万円から80万円ぐらいとみておけば間違いないでしょう。耐用年数は15年から18年ぐらいと言われています。