外壁塗装をする

スマホもつ手

外壁塗装の重要性について

家もずっと住み続けると外壁塗装をしなければならないことがあります。外壁塗装にも2つの意味があり、一つ目は見た目を印象付ける役割です。家の外壁がきれいに維持出来れいればしっかりとした家に住んでいるんだなと思われますが、あちらこちら壁がはがれたり色が劣化により変色してまだらな感じになっているとすればだらしないイメージや貧乏なイメージを持たれてしまうこともあります。 二つ目は、家の耐用年数に関わる点です。外壁の役割は雨風をしのぐとともに夏場は特に強い日差しを家の中に入れずに外壁が吸収してくれます。これにより私たちが快適に暮らせるわけですが、もし、柱や断熱材、石膏ボードに直接雨風が当たってしまうとあっという間に劣化します。外壁は劣化防止のために役立っているのです。

外壁リフォームの歴史

外壁工事は2つの点で重要ということがわかりましたが、この外壁塗装のリフォームは数々の失敗や繰り返し行われる検証の中で今のスずれた技術や素材が生まれたと言っても過言ではありません。では、外壁塗装にはどのような歴史があるのでしょうか。 昔の家は土でできていることが多かったので、今のような塗料を付けると言ったことはしませんでした。その後、木の素材の壁が使われていた時代もありました。 今のような塗装素材の住宅になったのは、戦後30年ほど経過した時です。今まで木で作った住宅でしたが、木だと高価なのでウレタン素材の塗装を使っていました。これにより外壁塗装の形も大きく変わりやがて今のようないろいろな種類の塗装に変わっていったのです。